中国軍事委員会









情報収集衛星「光学6号機」の打ち上げ成功
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業とは27日午後1時34分、政府の情報収集衛星「光学6号機」を載せたH2Aロケット38号機を、鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げた。
衛星は予定軌道に入り、打ち上げは成功した。
img_0lif1502010035-p2


















打ち上げは当初25日の予定だったが、悪天候のため2回延期されていた。
情報収集衛星は宇宙から地上を監視する衛星で、内閣衛星情報センターが運用を担当している。
可視光で地表面を撮影する光学衛星と夜間や悪天候でも撮影できるレーダー衛星がある。
関係者によると、現在、光学衛星2基と、レーダー衛星3基、その予備機1基の計6基が運用されており
光学衛星である光学6号機の運用が開始されれば7基体制になる。
171013-china-space-station-doomed-feature (1)









政府は北朝鮮のミサイル発射監視のほか、自然災害の状況把握の必要性が増しているとして
15年12月の宇宙開発戦略本部(本部長・安倍晋三首相)で、将来光学衛星とレーダー衛星合わせて
10基体制にする方針を決めている。
4基でも地上のどこでも1日1回撮影可能だが、10基になると特定の場所を狙う撮影チャンスが
一気に増えるとされている。
IGS_Outline
















中国は日本の偵察衛星に見張られている?
「日本製品はボイコットだ」「撃ち落としてしまえ!」
と中国ネットは怒り心頭

中国のポータルサイト・今日頭条が、中国は日本の偵察衛星に見張られているとする記事を制裁した。 
記事によると、昨年日本のH2Aロケットによって打ち上げられた三菱製の情報収集衛星は
自然災害の観察のためとしているものの、実質的には偵察衛星だと指摘。
分解能では米国の偵察衛星にも劣らぬ性能で、現在中国上空の軌道を回って偵察しているという。
記事は、偵察衛星に対してはレーザー武器で攻撃するのがよく、中国にはその実力があるとした。 
これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 

「やっぱり日本製品は質が高いよな」 
「三菱製か。中国全体でボイコットだな」 
「日本製品をボイコットし、三菱製品をボイコットすべきだ」 

「撃ち落としてしまえ」 
「日本の衛星は直接撃ち落とすのが一番」 
「中国領空を飛んでいるんだろ?。これは処理しないと」 

「中国は日本の衛星を効果的に管理すべきだ」 
「レーザーを当てて見えなくなるようにしたら?」 
「俺たちも情報収集衛星を日本の上空に上げればいいじゃん」 

「日本は中国上空から撮影していて中国のレーダーも捕捉しているのになぜ直接撃ち落とさない?」 
「実際のところ日本は軍事ではなくお金で中国と戦っているんだ。
 それなのになぜ日本製品を買う人があんなにたくさんいるんだ?」

そんな中大変興味深い動画を発見したので紹介したい
中国軍事放談会による中国軍事委員会対日開戦議論
情報収集衛星の解像度(GPS測定度)について日本と中国を比べているが大変面白い

◆【日韓開戦】自衛隊は韓国軍との戦闘では殲滅しか考えていない


海外ではこんなニュースが報道されている
中国の宇宙ステーションは数ヶ月で地球に衝突し
その下に立っている人を殺す可能性がある
9.3トンのTiangong-1衛星「天国の宮殿」は現在制御不能で、大気圏に突入することになっている
という最高学者が警告している。
ハーバード大学の天体物理学者、ジョナサン・マクダウェル氏は
「2017年後半から2018年初頭にかけて、数カ月後には崩壊すると予想している。
彼は以前、宇宙ステーションがどこに地球に飛び込むのかを正確に伝える方法がないと警告した。

いずれにしても日中戦争については水面下で確実視されているだけに
戦争や国防についての知識は入れておきたいものだ

                          ブログランキング・にほんブログ村へ