源氏は朝鮮人









源氏は朝鮮人:藤原氏の配下
源氏は50代桓武天皇の桓武平氏に対抗し朝鮮系52代嵯峨天皇がつくり
朝鮮系56代清和天皇が確立させた朝鮮人武士団


源氏の目的
・朝鮮系天皇:藤原氏の繁栄と存続 
・日本の乗っ取り⇒日本の武家である『 
平氏を失脚・滅亡 』させる藤原氏の兵隊

源 氏 
平安時代前期、第52代天皇嵯峨天皇が皇子に源姓を与え臣下に降したことに始まる。
以後、仁明・文徳・清和・村上以下歴代の皇子孫が源朝臣となり正親町天皇系まで十六の系統がある。 もっとも振るったのは清和天皇の孫経基王に始まる清和源氏で、とくに源満政の流れは
鎌倉幕府を開いた源頼朝、 室町幕府を開いた足利尊氏をはじめ、武田氏、佐竹氏、土岐氏、村上氏
小笠原氏
など綺羅星のごとく数多の武家が分かれ出た。 
嵯峨天皇系の嵯峨源氏は一字名が特徴的で、渡辺綱に始まる渡辺氏、その分れで肥前に繁衍した
松浦一族が知られる。 
また村上天皇に始まる村上源氏からは、久我氏、千種氏、北畠氏などが分かれ出て
武家では真偽のほどは定かではないが 名和・赤松氏が知られる。
明治維新の立役者の一人である岩倉具視も村上源氏の後裔である。 
加えて、宇多天皇を祖とする宇多源氏からは佐々木氏が出て、六角・京極・朽木・尼子・黒田氏らの
武家が分かれ、 清和源氏に劣らぬ勢力を張った。 
清和源氏の家紋は「笹竜胆」が代表紋とされるが、鎌倉幕府を開いた源頼朝が笹竜胆紋を用いた
確証はない。
清和源氏の家紋を見ると、足利氏が「引両」、武田氏が「菱」、佐竹氏が「扇に月の丸」
土岐氏が「桔梗」、 村上氏が「上文字」というように笹竜胆を用いる家は見出せない。
清和源氏の流れで「笹竜胆」を家紋とした家は といえば、徳川家に仕えて近世大名となった
石川氏が知られるが少数派というしかない。
一方、村上源氏の嫡流である 久我氏は「笹竜胆」を家紋とし、一族も笹竜胆紋を用いており
笹竜胆紋は村上源氏の代表紋であったといえよう。 
また、宇多源氏流佐々木氏は「目結」が、嵯峨源氏の渡辺氏は「三つ星」が
それぞれ代表紋となっている。 
(提供:源平藤橘の話)



藤原氏系天皇:
嵯峨天皇がつくった武家組織
嵯峨天皇がつくった源氏と主たる氏族 
※クリックで拡大します佐賀源氏







































嵯峨天皇嵯峨天皇
(さがてんのう786年-842年)
は日本の第52代天皇(在位809年-823年)。
桓武天皇の第二皇子で、母は皇后藤原乙牟漏。
※平氏をつくった桓武天皇(父親:光仁天皇 母親:高野新笠・父は百済系渡来人の家系)
の父光仁天皇から藤原氏の血が入った

清和天皇清和天皇










(せいわてんのう850年-881年)
は、平安時代前期の第56代天皇。(在位858年-876年)。
武門の棟梁となる清和源氏の祖。文徳天皇の第四皇子。母は太政大臣・藤原良房の娘、女御・明子。
IMG_20180313_131622[1]















































主な源氏
豊臣氏、徳川氏、武田氏、竹田氏、明智氏、浅野氏、今川氏、足利氏、松平氏
細川氏、斯波氏、甲斐氏、佐竹氏、板垣氏、一条氏、平賀氏、大内氏、畠山氏
新田氏、山名氏、吉良氏、馬場氏、毛利氏、板垣氏、服部氏、水野氏、大友氏
大伴氏、波多氏、最上氏、油川氏、山縣氏、美濃氏、土岐氏、宇野氏、村上氏
小笠原氏、松浦氏、渡辺氏、久我氏、千種氏、北畠氏、赤松氏、京極氏、六角
朽木氏、尼子氏、黒田氏佐々木氏
山田氏、石川氏、片岡氏、志田氏、比志島氏、小山田氏、八田氏、宍戸氏、信濃氏、河内氏、出浦氏
武藤氏、井上氏、高梨氏、上野氏、下野氏、三河氏、坊門氏、里見氏、岩松氏、田部井氏、桃井氏
仁木氏、崎氏、一色氏、石塔氏、広沢氏、石橋氏、稲沢氏、飯富氏、野長瀬氏、二条氏、杭全氏、森氏
木曾氏、新宮氏、愛智氏、吉見氏、山入氏、逸見氏、広幡氏、対馬氏、伴野氏、大井氏、金津氏
伊沢氏、東三条氏、石禾氏、南部氏、大倉氏、宮氏、近江氏、山本氏、曽根氏、三河氏、能勢氏
八島氏、田中氏、木田氏、足助氏、近江氏、高屋氏、平井氏、伊奈氏、泉氏、依田氏、夏目氏、内藤氏
四条氏、片切氏、片桐氏、三刀屋氏、柏原氏、榊原氏、結城氏、里見氏、大崎氏、小野寺氏、及川氏
加賀美氏、安田氏、石志氏、荒久田氏、大間氏、熊勢氏、箕田氏、横川氏、渋川氏、栗原氏
岩松氏、河原氏、戸崎氏、鶴田氏、赤田氏、中屋氏、滝口氏、瀧口氏、花房氏、小国氏、下間氏
立石氏、漆原氏、北辺氏、陽院氏、多田氏、 太田氏、甘利氏、秋山氏、穴山氏、原氏、工藤氏・・・

家康が徳川氏に改姓するにあたって名乗った氏は藤原氏であった。
1588年の後陽成天皇聚楽第行幸の際には、家康はすでに源朝臣を名乗っていたという。

現代の清和源氏
清和源氏同族会
源満仲をはじめ源頼光、頼信、頼義、義家を祭神とする兵庫県川西市多田院にある多田神社で
清和源氏一門として崇神崇祖、日本の産業と文化発展、一門の相互親和を図る目的で
1939年5月に設立。
多田満仲同族会
満仲を祭神とする東京都中野区にある多田神社で、敬神崇祖を目的として1962年に結成。

参)桓武平氏
IMG_20180309_171549[3]







合戦

朝鮮人日本人との闘い
日本は
藤原氏・源氏 VS 物部氏・平氏 
という構造の上に成り立っている
カテゴリ: 日本史上の歴史人物
カテゴリ: ▣ 鮮害・除中・除米・日本乗っ取り集団
                          ブログランキング・にほんブログ村へ 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日東ベストの牛丼DX【185g×5パック】
価格:1500円(税込、送料別) (2017/11/22時点)