中国産の『人肉カプセル』密売







2011年に世界を震撼させた中国産「人肉カプセル」を覚えているだろうか?
これは、死亡した嬰児(えいじ)や胎児を乾燥させ、粉末状にしてカプセルに詰めた代物で
韓国の闇市で滋養強壮剤などといって出回っていたものだ。

存在が明らかになった後は取り締まりが強化されたのだが、最近になり韓国のインターネット上で
ダイエットサプリメントとして売買されていたことが判明
再び「人肉カプセル」の存在に注目が集まっている。
maxresdefault (1)




・「ダイエット効果がある」と宣伝
韓国のネット上で「人肉カプセル」を販売していたのは、20代の中国人2人だ。
ダイエット効果があるなどという広告を出して客を集め、約80人に販売していた。
韓国済州地方海洋警察庁は24日、2人を薬事法違反の容疑で拘束・立件した。

・30錠で5500円という超高級品!
2人は「人肉カプセル」を中国人ブローカーからカプセル30錠あたり2万ウォン(約1800円)で
仕入れ、韓国のインターネット上で3倍の6万ウォン(約5500円)で販売していた。
これまでの取引で売上は600万ウォン(約55万円)に上ったという。客は韓国人のほか中国人もいた。

・カプセルの中身は人間のDNAと100%一致!!10130757_59dff33da5cd1



中国人が販売していたダイエットサプリメントが、なぜ「人肉カプセル」だと分かったのか。
それは、韓国の国立科学捜査研究院が成分を分析したからだ。
その結果、内容物は人の塩基配列と100%一致。
しかも、韓国では販売が禁止されている薬物の成分まで検出され、いろいろと問題だらけの
超危険な薬であることが分かった。

・「人肉カプセル」と知らずに販売
中国人は中国のショッピングモールで「ダイエットに効く薬」という広告を見て、韓国で
転売するために購入したという。
そのため、成分については良く知らなかったとしているそうだ。
そして購入した韓国人消費者も中身について良く分からないまま購入し、みんな気付かないうちに
「人肉カプセル」を服用していたことになる。

・ 市場から消えない「人肉カプセル」
今回は中身がよく分からないまま売買されていたケースだが、「人肉カプセル」は
2011年以降も取引されており、今でも韓国の闇市で流通していることから、韓国国内には
「人肉カプセル」を求める需要がそれなりにあるようだ。
生産する中国も問題だが、買う韓国にも問題がある。
日本には流通していないと願いたい。
みなさんも、くれぐれも得体の知れない薬には手をださないようにしてほしい。
(提供:ロケットニュース24)

◆韓国、中国製「人肉カプセル」を大量に密輸入


人肉カプセル(じんにくカプセル、인육 캡슐)
死産した赤子や生後1~2カ月の乳幼児の死体などから作られた中国産の粉末入りカプセル錠剤である。韓国で密売されていたが2011年に発覚し事件となった。
「最高の滋養強壮剤」という触れ込みであったが、その効能もプラセボ効果の可能性が高いとされる。
6aab4a387adc96721a5b95cccc263dc9






事件の発覚
韓国の月刊誌『新東亜』(ko:신동아)の2011年8月号にて、死産の乳児らの人肉で作られた
粉入りカプセルが中国の吉林省延辺朝鮮族自治州にある病院から持ち込まれ、術後や大病による
衰弱に効く滋養薬として、ソウル市場などで100カプセル80万ウォン(日本円で6万円程度)で
密売されていたと報じられた。
その後同誌が独自にカプセルを入手し、関税庁と共に韓国国立科学捜査研究所へ成分分析を
依頼した結果、塩基配列の99%が人間の遺伝子と一致し、また男性の染色体が確認された事から
女性の胎盤では無い事が分かった。
事件の衝撃度が高いことから、その後韓国では複数メディアがこの事件を報じるようになった。

生産工程
事件が有名になった事で、2011年8月6日放映の韓国SBS放送の報道番組「それが知りたい」
(ko:그것이 알고 싶다의 방영 목록)で取り上げられ、取材された。
同番組によると、一部の病院にて組織的に医師や看護師が胎盤や死んだ赤ん坊をブローカーに販売し
その後遺体は冷蔵庫に保管されたのち、漢方薬を作る要領で乾燥、粉末状にしてカプセルに詰め込まれていた。作業は薬剤調合をする為の専門施設では無く一般的な家で行われていたと言う。
完成したカプセルはブローカーによって韓国に持ち込まれ、薬剤市場で中国の現地価格より
数十倍の値で密売されていたと報道された。
(提供:ウィキペディア)

レコードチャイナのニュースもご確認いただきたい

2017年10月3日、死産した赤子の体や胎盤を乾燥させて作った「人肉カプセル」と呼ばれる
粉末・錠剤が、韓国に過去3年間で8500錠余り密輸されていたことが分かった。
韓国では滋養強壮剤などと誤って宣伝され、中国からの持ち込み事例が後を絶たないという。
韓国・ヘラルド経済などが伝えた。 

韓国国会・企画財政委員会の朴明在(パク・ミョンジェ)議員(自由韓国党)が関税庁から
提出を受けた「最近3年間における人肉カプセル密搬入の類型および摘発現況」によると
2014年から今年6月までに密輸された人肉カプセルは8511錠に上った。 

人肉カプセルはこれまで、末期がん患者や慢性腎不全、重症化した糖尿病、難病、術後の患者に
用いると良いなど根拠のないうわさが広がり、韓国で万能薬として認識されるほどだった。
しかし食品医薬品安全処によると、その効能や副作用などは検証されていないだけでなく
バクテリア感染の可能性もあり注意が必要という。
同処の検査の結果、人肉カプセル1錠(0.4グラム)から発見されたバクテリアなどの細菌は
187億個、B型肝炎ウイルスが発見されたこともあるとのこと。 
hqdefault



14年に6694錠が摘発された人肉カプセルだが、15年には1251錠、昨年は476錠が摘発され
今年上半期にも旅行者の携帯品検査により90錠密輸されたことが分かっている。
主に国際郵便を通じて密輸されており、14年には半数以上の3871錠、15年にも3分の2以上の
923錠を国際郵便が占めていたとされる。 

関税庁では疑わしい事例があった場合、中央関税分析所に依頼してDNA分析を行っている。
同庁の調査の結果、人肉カプセルからは人間の塩基配列(rRNA:遺伝子の本体である核酸DNA
RNA中の一つ)と100%一致する人肉成分と、韓国国内で販売が禁止されたシブトラミン
およびフェノールフタレイン成分が検出されたことが分かっている。
(提供:レコードチャイナ)
211












人は何故『赤ちゃん肉の成分』を欲しがるのか
中国人やイギリス王室はソマチットという不死不滅・不老不死の微生物
赤ちゃんには大量に含まれていることを知っている
子供の血を飲んだり浴びたり食べたりすることは宗教儀式を装った生贄儀式を通し
太古の昔から中国・韓国の宮廷やイギリス王室で行われてきた
※世界的に有名な生贄儀式はハロウィンで有名なドルイド教の儀式
 中国では孔子・孟子もよく人を食べたことで有名 エリザベス女王はソマチット依存症
何故赤ちゃんを食べたがるのか
それは一重に不老不死・美容と健康の為である
e67e15ef中国『赤ちゃん肉』メニュー・半島情勢・戦争と殺人・ソマチット








現在ソマチットが含まれるサプリとして日本で販売されているものには下記がある
ソマチット'貝化石モリンガという植物の成分



※体験談は後日UPします 
ソマチットはケイ素(シリカ・テラヘルツ)で爆発的に活性化します
現在:ソマチット+シリカ水+ライシア摂取+テラヘルツネックレス・ブレスレット・マット使用2か月目
 ⇒新しく生えてきた生え際の毛は全て黒く白髪がない
617d788b








カテゴリ: ▣ 除中・除米・除鮮=藤原氏
カテゴリ: 裏の世界・報道されないニュース

                          ブログランキング・にほんブログ村へ