戦争屋ウィンストン・チャーチルとロスチャイルド家










世界を戦争に引きずり込んだ男:ウィンストン・チャーチル ※父親は切り裂きジャック賞
の続きです
ウィンストン・チャーチル ※切り裂きジャックの父親250








今回は世界を第二次世界大戦に引きずり込んだ実行犯 ウィンストン・チャーチル
アシュケナジーユダヤ人(偽ユダヤ)の銀行家:主犯ロスチャイルドとの繋がりについて紹介します
ロスチャイルド家250








ウィンストン・チャーチルは言った
戦時に真実は非常に貴重であるが、それは常に嘘の護衛によって
随伴されなければならない。

チャーチルのような戦争計画者にとって、戦時は実際の物理的な戦争が始まる何年も前に始まる。 
それは、ある人間の心の中の思考として始まる。
次に、その考えは、同じ目的を持った人物たちによって慎重に共有される。
そこから、それは勢いを得て、そして遂行へと最大限の努力を投じられる。
その後、その計画は細心の注意を払って考案され、そして何年にも渡って熟練した
経験豊富な計画者たちによって細部に至るまで訓練される。 

すべての段階で、真実は慎重に「嘘の護衛」によって随伴される。 

真剣に戦争の主題を研究してきたものたちの間ではよく知られていることだが
戦争は、非常に費用がかかり、「国際銀行家」と呼ばれる特別な銀行家たちのグループによって
資金提供されなければならなかった。
これらの銀行家たちの間で最大なのはロスチャイルド家である。
彼らは200年間以上に渡って、うまく舞台の裏側から、世界の事件に対してその金融的・政治的権力
を発揮してきた。
この恐るべき多国籍銀行王朝の影響力と重要性は誇張することはできない。 

しかしながら、1914年以後、世界大戦の始まりによって世界で起こることになっていた
ホロコースト大虐殺のために虚偽が永続化されてきた。 
ロスチャイルドとチャーチル・コネクションとホロコースト計画者としての彼らの役割を
取り巻いている「嘘の護衛」に浸透を開始するために、我々はチャーチルのロスチャイルド家の
ロンドン分家との並々ならぬ結びつきに目を向けねばならない。
(提供:Imagine & Think!)

ナチスによる弾圧されたロスチャイルド家
神聖ローマ帝国(ドイツ)の自由都市フランクフルトには1462年から1796年にかけて
アシュケナジーユダヤ人隔離居住区(ゲットー)が置かれていましたが、ここで暮らすユダヤ人の一人
マイヤー・ロートシルト(ロスチャイルド)がフランクフルトで古銭商を始め、やがて
フランクフルトのヘッセン・カッセル伯:ヴィルヘルム9世の信頼を得て宮廷御用商人になりました。
住居が密集している弧を描いた通りがゲットー
ロスチャイルド



















マイヤー・ロートシルト(ロスチャイルド)は
後にヴィルヘルム9世の膨大な財産を騙し取り金貸しから大銀行家になった
ヴィルヘルムは領内の若者を傭兵として鍛え上げ、植民地戦争の兵員を求めるイギリスに貸し出す
傭兵業を営んでおり、その傭兵業の儲けでヨーロッパ随一の金持ちになっていた。
ヴィルヘルムがイギリスへ傭兵を貸し付けた植民地戦争に、アメリカ独立戦争もあった。
貸し付けた傭兵が死亡したり、負傷したりしたとき、ヴィルヘルムは高額な補償金をせしめた。

19世紀に栄華を誇ったロスチャイルド家も20世紀には衰退の一途をたどり、実際の財力より
名前の威光ばかりが先行するイメージの存在と化していた。
ドイツ国内のロスチャイルド家に由来する記念碑や名称もナチス政権誕生とともに
取り払われていった。ロスチャイルド並木通りはカロリング王朝並木通りに変えられた。
ドイツ国内にあったロスチャイルド家所有の財団法人や慈善施設も経済や銀行業のアーリア化により
財産放棄か二束三文で買い取られていった。

1938年にオーストリアがドイツに併合された際には、ウィーン家の当主である
ルイ・ナタニエル・フォン・ロスチャイルド男爵のみがウィーンに残っており、併合とともに
ゲシュタポに連行された。
ルイも全財産没収と外国へ出ていくことに同意するのを条件に釈放され、アメリカへ亡命した。
1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻でパリが陥落するとロスチャイルド家御曹司ギーは
アメリカからイギリスにわたってド・ゴールの自由フランス軍に入隊した。
自由フランス軍の財政は少なからずロスチャイルド家によって支えられていた。
戦時中大陸にいて逃げ遅れ、ナチスの手にかかったロスチャイルド家の者が2人出た。
フランス家のフィリップの妻エリザベートとロンドン家の第3代ロスチャイルド男爵ヴィクターの
叔母にあたるアランカだった。

チャーチルは間違ってもヒトラーを倒した英雄ではなかった
イギリスの軍需産業に火を付け、第二次大戦の要因を自らの手で生み出した男
それがチャーチルの過去だ。
そして自分で蒔いた種は、自分で刈り取らねばならなかった。その男の出番が到来したのである。

“チャーチル首相の閨閥”を系図でみると、従兄のチャールズ・チャーチルが、19世紀全米一の富豪
で鉄道王ヴァンダービルトの娘と結婚していたため、首相は一文無しのような顔をしながら
一族には金がうなっていた。
従姉リリアン・チャーチルは、イングランド銀行総裁とモルガン・グレンフェル創業者の
グレンフェル一族と結婚し、これまたロスチャイルド家とモルガン家という世界二大富豪を
掌中にしていた。
チャーチル本人はマルボロ(モルバラ)公爵家に属する最高位の貴族ファミリーで
1953年にガーター勲章を授けられて、サーの称号で呼ばれるようになり、チャーチル夫人は
“レディー”と呼ばれるようになった。

チャーチルは若くして、ロスチャイルド一族に惚れ込み、南アのボーア戦争に参戦する直前
21歳のときにロスチャイルド邸のパーティーに招かれていた。

「ロスチャイルド卿は素晴しい感覚の持主で、まことに博識です。このように賢い人に会って話を聞くことができるというのは、実に貴重な体験です」

このようにしたため、母に手紙を出していた。この文面にあるロスチャイルド卿は
MI5“スパイキャッチャー”ヴィクター・ロスチャイルドをパーティーの14年後に生み落とす家族で当時のイギリス政界を動かしていたアシュケナジーユダヤ王の当主だった。

チャーチルの惚れ込みようは尋常なものでなく、終生ロスチャイルド家の代理人として働いたが
戦後、南アの「アングロ・アメリカン」や「リオ・チント」の資金を糾合してカナダに
巨大発電プロジェクトを成功させ、アンソニー・ロスチャイルドとエドマンド・ロスチャイルドを
感激させたのが、チャーチルだった。

「私が老いても友情がこわれないというのは嬉しいことです」

チャーチルはその時ロスチャイルド宛てにこう手紙を書いたが、この開発事業というのが
カナダのチャーチル河にあるチャーチル滝のダム建設で、これがのちにロスチャイルドの原子力帝国
を築く出発点となり、わが国のウラン輸入に大きな道を拓くのである。
ロスチャイルド家の誠実な代理人で好戦家、これがチャーチルの隠された最大の特質であった。
ロスチャイルド財閥のメンバーとして、この男が首相の座についた瞬間、イギリス国内の
反アシュケナジーユダヤ勢力は一掃され、上流社会の動揺は遂に鎮静された。
ロスチャイルド財閥は崩壊していなかったのである。

ロスチャイルド家の小間使いチャーチルの反撃
アシュケナジーユダヤ人にとってただひとつ残された希望、それはイギリスのほかになかった。
ウィンストン・チャーチルの両肩にすべての責任が重くのしかかってきた。
ところがこの好戦家は、周囲に重厚な人材を揃えていたため、たじろぐどころか身を乗り出して
戦闘を呼びかけた。ヒトラーが休戦を申し入れても、それを蹴ったのがチャーチルであった。
廃墟になったドイツのドレスデン

















※米英空軍の4日間にわたる徹底した無差別爆撃で宮殿や教会など18世紀バロック建築の建ち並ぶ
文化の街は一変、瓦礫と化した。これはチャーチルが犯した戦争犯罪である。

チャーチルは、イギリスの敗北を避けるための首相ではなくヒトラーを倒すための首相として
選ばれていた。
チャーチルに与えられた任務は反アシュケナジーユダヤ主義に向かう道であった。

それまで石炭を使っていた軍用船に石油を使うよう海軍を大改革した最初の男
それがチャーチルであった。
史上空前の海軍予算を使い、海軍大臣としてヴィッカースやアームストロングの造船事業に
莫大な金を投じてきた。
空を見上げれば、航空大臣としてイギリス空軍の生みの親がチャーチルであれば、軍需大臣として
戦車という動く兵器を戦場で自ら考案したのも同じチャーチルであった。
しかもこれら機動部隊への燃料補給のため、中東の石油会社の株をイングランド銀行の金で
買収させてしまった。

近年の企業番付では、ヨーロッパ1位が「シェル」、2位が「ブリティッシュ・ペトロリアム」(
英国石油)という順位が不文律となっている。
後者はBPと略して呼ばれ、つい先年、1987年に株が民間に公開された時には史上最大規模の
ためロンドン・シティーが大騒動となった。
石油王ロックフェラーの本拠地「スタンダード石油オハイオ社」を完全買収し
鉱山王グッゲンハイム家が支配してきた世界最大の産銅会社「ケネコット」も買収したのが
1980年代のBPの姿だ。
このBPの株を海軍に買わせたのが、ほかならぬチャーチルだったのである。
そのためウォール街では今日でも、チャーチルは世界一の投資家とみなされている。

好戦家チャーチルは戦争が面白くてならなかった
インド、エジプト、南アという大英帝国植民地の3C拠点で、原住民を苦しめ抜いた戦争のなかから
誕生したチャーチルが、今や独裁者ヒトラーを倒して自ら英雄になろうという野望を抱いていた。

ところがこの人物、単純な戦争屋ではなかった。ほかに別の目的をもって活動してきた。
侵略の急先鋒として、植民省のナンバー2「次官」から商務院に移って総裁のポストに就くと
ロスチャイルド一族の貿易のために走り回り、次いで情報機関のボスとして内務大臣を務めたあと
海軍大臣となっては艦船を激増させ、軍需大臣となっては戦車の生産に没頭した。
さらに陸軍大臣・航空大臣・植民大臣と軍事世界のトップを歴任したが、いずれのポストにあっても
ほかに類のない軍備増強の足跡を残してきた。細菌爆弾の研究さえ命じたことが明らかにされている。

この男が大蔵大臣という要職を手にしたのが1924年、その翌年にチャーチルが何をしたかと言えば、シティーのロスチャイルドやゴールドシュミットなど五大金塊銀行がボロ儲けをした
金本位制の復活という一大経済政策であった。
第二次大戦の開戦と共に直ちに海軍大臣となってしきりに腕をさすってみたが
チェンバレンのドイツ融和政策の前になす術もなく、首相を猛烈に批判してきたチャーチルである。
悲願であった首相のポストを手にして、そのうえ国防大臣を兼務することになったのであるから
戦争屋にはこたえられなかった

第二次世界大戦はロスチャイルド家のドイツへの恨みと
軍需産業による暴利を稼ぐため
ロスチャイルド家の代理人チャーチルが引き起こした戦争
嫌われ者のチャーチルは政治家として失敗続きで4回も政治経歴をくら替えしてきた。 
彼の特技は適正価格という理由で安くたたくことだった。 
そのイニシャルがWCなので『便所(Shithouse)』といわれ下院で馬鹿にされていた。

ロスチャイルド銀行の小間使いだったウィンストン・チャーチル
対ドイツ戦の第二次世界大戦で米国を引っぱり出すために
チャーチルはロスチャイルド銀行から150,000ポンドを受けとった。
当時ドイツの偽ユダヤ族であるロスチャイルド家汚い手口で私腹を肥やし国を蝕んできた。
ロスチャイルド家は偽ユダヤを排除するナチスドイツから出国命令を受けており
ナチスドイツやヒトラーを酷く恨み憎んでいた
チャーチルはイギリスのロスチャイルド銀行から開戦をもちかけられ
ナチスドイツとの戦争をする代わりに巨額の融資付きで復権を得たのである
0c998bd70426c062bf21542532e0ca2c
こうして前首相チェンバレンは蹴落とされ政治の世界から消し去られた。
ice_screenshot_20180324-011618










ロスチャイルド銀行が後ろ盾についたチャーチルは戦争の軍事費として巨額の賄賂を受け取り
英国の政治家として再び返り咲いた。
42bbf966-a34b-499a-926b-28f0037429d6
ウィンストンは長いことシオニストらの操り人形であったとあばかれており 
ドルイド僧聖職者(かつての過激な降霊術信者)黄金の夜明け団(Golden Dawn)のメンバーで
ほとんどのものを呪う33位階のメーソンであった。
ヒューミント(Humint;人的情報)と調査研究報告書からうかがえる。 
メイソンリーは、一般に人種差別主義者、反キリスト教者、秘密のエリートの反民主主義の組織
として認識されている。

平和のために最後まで交渉していたヒトラーの記録
熟練のスパイ、ロスチャイルド諜報員サー・アンソニー・ブラントは
ヒトラーが平和のために最後まで交渉していた記録があると言った。 
ヒトラーが代理人としてルドルフ・ヘスを英国に行かせたのは敬意に値する
平和を追及模索するためであったがチャーチルが頑なに拒否しドイツの下町を不必要に
焼夷弾で完璧に破壊攻撃した。
これはロスチャイルドの指示でありチャーチルはそのアドバイスを守った。 

こうしてチャーチルはすべての戦時戦略にカルトやオカルト的アドバイスを求め偽の占星術を強要
ドイツ上空で英国の航空機から偏向宣伝のちらしをばらまいた。
94c02844
cb0fb4f1






ウィンストン・チャーチル2















カテゴリ: ▣ 偽ユダヤ(ハザール人) : アシュケナジー系ユダヤ人
カテゴリ: 裏の世界・報道されないニュース

                          ブログランキング・にほんブログ村へ