コンビニ弁当 病気 添加物










コンビニ弁当は確実に病気になり死を早めるだけでなく
子供が奇形児になる恐れもあるようです
奇形児も生れる 危険 な コンビニ の廃棄 弁当









以前に【閲覧喚起】 もはや食べ物ではない 6年放置しても 腐らない 危険 なマクドナルドという
「外食産業」の食の安全性に関わる記事をご紹介しましたが
今回は第2段として多くの日本人にとって馴染み深い「コンビニ」についてを
少し取りあげたいと思います。
食べ物ではない 6年放置しても 腐らない 危険 なマクドナルド25








こんな田舎方面に住んでいるとコンビニを探すのも一苦労する場合もありますが
都内になると常に視界のどこかにはコンビニの存在があり
恐らく多くの方々が日常様々な場面で活用されていると思います。
それこそ名前の通り「便利な店」ということで、現代人にとってはなくてはならない
存在の1つになっているかもしれませんが、一方で注意しなければならない点も
当然ながらあり、それはコンビニで販売されている「お弁当」などの食品です。
マクドナルドのハンバーガーは、ゴキブリさえも目もくれない食べ物(?)でしたが
このコンビニのお弁当なども似たり寄ったりであり、やはり真実を知ると
食べられなくなる食品の1つです。

先日、あるコンビニチェーンのオーナーの方とお話をした際に
興味深いお話を聞きました。
コンビニのオーナーともなると、やはり自身のお店のことなので
仕事熱心の方は日頃から様々なコンビニ食を自分で食べて研究することも
仕事の1つであり、その方も毎日の食事のすべてが
「コンビニ食」の時期があったそうです。
すると、ある時から原因不明の強烈な頭痛が起こるようになり
みるみるうちに体調不良となって何をしても良くならず
仕方なしに病院にいってCTスキャンなどで頭の中からすべてを精密検査したそうです。
その結果、医師から伝えられたのは、なんとも驚きの言葉でした。

「あなた何を食べていますか?栄養失調ですよ」
という思いがけない診断結果だったようです。
これはコンビニ食にまったく栄養がないというわけではなく
恐らくは防腐剤や添加物などの危険物が大量に入ったコンビニ食を
体がこれ以上受け入れることを拒否したために
栄養が行き渡らなかった可能性が高いようですが
実際は本当に栄養がない食品も多くあったようにも思えます。
なぜなら、コンビニ食の中には、見た目は食品でも本当に
食べ物と呼べるかどうかギリギリのラインの食品も多くあるからです。
いずれにしても、食べ続けると体調を壊すという
コンビニ食(お弁当やおにぎり)とは、一体どのようなモノなのでしょうか?

これについて参考になるのが、最近フェイスブックなどでも話題になっている
「食卓の向こう側〈2〉」という一冊の本です。
今から9年程前に発刊されたので、データ自体は古いものではありますが
ここには、普段食卓に並んでいる様々な食品の真実が暴露されている。
危険 な コンビニ弁当  ※添加物 で 腐らない 








カテゴリ: 食べてはいけない食品・身体に悪い事
カテゴリ: NEWS・その他
                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジックトリマー
価格:19800円(税込、送料別) (2017/10/15時点)