朝鮮人 中国人 名字









朝鮮人や中国人の名字で最も認知されている名字は漢字一文字
金・星・桂・南・孫・王・車・林・杉・・・

朝鮮人や中国人が多く使う通名の漢字と名字
1. 山 194 「宋」ソン → 「山木」(漢字を分解して全部を使用)
 「崔」チェ → 「山佳」(漢字を分解して全部を使用)
 「呉」オ → 「山口」(漢字を分解して一部を使用)
 「崔」チェ→「山江」「山住」「山田」「山本」(漢字を分解して一部を使用)
 「李」イ → 「山村(慶州李氏の始祖の李謁平が閼川楊山村(アルチョンヤンサンチョン)を築いたということから)」(先祖の伝承)
2. 田 153  読み:チョン(ジョン) 
●「田」と「多」は字は異なるが読みが等しく相互に補完される字。
●「田」の読みが「た」よりも「だ」の方が高リスク。
3. 本 134 朝鮮における本貫(ほんがん)は、発祥を同じくする同一父系氏族集団(宗族、門中)の発祥地、あるいは宗族そのものをあらわす概念である。
朝鮮の姓は約250と少なく、五大姓と呼ばれる金、李、朴、崔、鄭などの一部の姓に人口が集中しているため、「本貫と姓」の組み合わせによって一つの宗族が弁別される
4. 川 117 読み:チョン
 「河」(ハ)代表的苗字の当て字
5. 原 105 読み:ウォン
6. 村 73 邨、邑など。
7. 井 70  朴パク
8. 野 67  
9. 金 56  読み:キム  代表的苗字
 本貫:金海、慶州、光山、金寧、安東など 
 「李」 読み:イ 代表的苗字 → 「金川」(本貫を使用)
 「金」 読み:キム 代表的苗字 → 「金海」(本貫を使用)
10. 島 49  嶋の字も。

岡田・新井・山本・木村・金本・金田・安田・岩本・金沢・金山・金光・高山・徳山・平山・松本
山田・青木・青山・秋田・秋山・岩田・池田・伊藤・大山・大原・岡田・ 岡本・岡村・加藤・金海
金原・金岡・金森・金子・金城・金谷・木下・ 国本・河本・坂本・斉藤・清水・白川・杉山・鈴木
田中・高木・高島・高田・高橋・玉山・玉川・田村・武田・巴山・豊川・豊田・中山・中村・中島
成田・夏山・西村・西山・ 野村・橋本・林・原田・平沼・平山・平田・平野・福田・ 星野・星山
松井・松田・松岡・松原・松山・松村・光山・宮本・南・安本・山崎・山下・山口・吉田・渡辺
安東・安藤・石川・石井・石原・石山・井上・伊原・今村・伊山・岩城・岩崎・岩田・岩村・上田
内田・大川・大倉・大島・大城・太田・大谷・大野・大林・大宮・大村・大本・小川・河東・金井
金海・金川・金島・金林・香山・川島・河村・川村・川本・神田・完山・木本・木山・清原・清本
呉本・小林・小山・近藤・佐々木佐藤・沢田・重光・茂山・島田・新本・杉本・高野・高原・高村
高本・竹村・竹本・武本・竹山・谷川・谷山・徳永・徳原・富田・富永・富山・永川・永田・長田
成本・新田・延山・葉山・長谷川・花田・華山・春山・平川・広川・福本・福山・藤井・藤田・藤本
藤原・文山・星本・本田・松井・松浦・丸山・三浦・水原・三井・三原・宮田・村井・村上・村田
森田・森本・森山・安川・柳川・梁川・梁本・山中・山村・横山・吉野・吉原・吉村・吉本・金村

『藤』『原』の由来 百済由来등나무 = 후지와라
「百済」=「藤」
「百済」は百済人の発音ではホゼフジと発音する「藤」があてられた
更に藤の木は樹齢がなんと1000年以上もある樹勢の強い木でフジの花言葉
一度絡みついたら死ぬまで話さないところから
「決して離れない」
3b3b5715名字 由来 藤原25








※藤は恐ろしい木で藤に絡みつかれた木は必ず枯れると言われています
藤原氏によって長年絡みつかれている今の天皇家と日本を言い表しています

百済から日本への難民は400年ころから奈良時代までに30万人ぐらいになっていたという
島根県・宮崎県・奈良県・三重県に広くて大きいテーマパークを造り東大寺の大仏を造るだけの
人手は百済からの難民で賄えた

「原」
はみなもと。もと。おこり。物事のはじめ。もとづくところ。 
藤原 = 百済由来といった意味の名字となる

朝鮮人の藤原氏(후지와라)発祥の名字 ※発祥なので上記と重複有
・武家
二階堂・吉川・伊東・長野・相良・本願寺・有馬・大村・上杉・留守・宇都宮・浦池・小田・一条
伊達・富樫・山内・蒲生・小野寺・波多野・大友・小山・皆川・少弐・結城・白河
・藤・佐のつく名字
藤原・加藤・内藤・佐藤・安藤・斎藤・伊藤・後藤・須藤・武藤・近藤・工藤・遠藤・新藤・進藤
藤堂・江藤・藤巻・藤森・藤田・藤沢・藤木・藤波・藤吉・藤本・藤井・藤・佐野・佐々木・佐伯
佐原・小佐野・佐竹・佐久間・佐倉・佐橋・宇佐美・佐分利・佐賀・佐吉・・・

藤原氏がつくった源氏家系の名字
豊臣徳川武田、竹田、明智、浅野、今川、足利、松平、細川、斯波、甲斐、佐竹、板垣、一条
平賀、大内、畠山、新田、山名、吉良、馬場、毛利、板垣、服部、水野、大友、大伴、波多、最上
油川、山縣、美濃、土岐、宇野、村上、小笠原、松浦、渡辺、久我、千種、北畠氏、赤松、京極、六角
朽木、尼子、黒田、佐々木、山田、石川、片岡、志田、比志島、小山田、八田、宍戸、信濃、河内
出浦、武藤氏、井上氏、高梨氏、上野氏、下野氏、三河氏、坊門、里見、岩松、田部井、桃井、仁木
崎氏、一色、石塔、広沢、石橋、稲沢、飯富、野長瀬、二条、杭全、森、木曾、新宮、愛智、吉見
山入、逸見、広幡、対馬、伴野、大井、金津、伊沢、東三条、石禾、南部、大倉、宮、近江、山本
曽根、三河、能勢、八島、田中、木田、足助、近江、高屋、平井、伊奈、泉、依田、夏目、内藤
四条、片切、片桐、三刀屋、柏原、榊原、結城、里見、大崎、小野寺、及川、加賀美、安田、石志
荒久田、大間、熊勢、箕田、横川、渋川、栗原、岩松、河原、戸崎、鶴田、赤田、中屋、滝口、瀧口
花房、小国氏、下間、立石、漆原、北辺、陽院、多田、 太田、甘利、秋山、穴山、原、工藤
23084cfb








その他
サンズイ・泉・水・渡・秦・清』が付く名字中国人の家系
※小泉・有泉・清水・清原・渡辺・渡部・渡・秦・秦野(羽田野・波多野)・・・

日本人は最早日本人に非ずと言えるほど朝鮮・中国人に毒されている
大化の改新から・・・いいや弥生人という渡来人の到来からと考えると紀元前1,000年頃から
だというので恐ろしくもある
全ての日本人に渡来人の血が入っていると言っても過言ではない
ただ今では様々な混血を経て
Yap遺伝子が存在しているかどうかで純血種の日本人かがわかる
※家系が3代以上日本人との婚姻で続いている家は渡来人の血が薄くなりYap遺伝子に戻る
また逆に言えば朝鮮・中国系の家を守りたい場合は名字は非常に分かり易く参考になると言える
血の濃い藤原氏系の血筋と結婚するか純血の朝鮮人・中国人と結婚すればよい
日本のタレント・有名人は9割朝鮮人
87ff4ee77ce14fbe








よく家柄・家柄と言いますね
家柄って簡単に言えば名字のことです
実際のところ財閥や政界などの古い家系ほど
家柄(名字)を重要視しています
顔立ちも日本人は醤油顔ソース顔に分かれますが醤油顔は弥生人ソース顔が日本人です
どの程度その人が朝鮮人・中国人に近いか日本人に近いか分かり易いです朝鮮人 中国人 日本人 違い
朝鮮人の顔
3197553f-s



































韓国人や中国人と日本人の違い 生殖器篇25









【地球なんでも鑑定団的歴史の見方】
名誉の為に言うきますが上杉氏で有名な上杉謙信は元は長尾景虎
長尾家は織田信長や北条氏と同じ平氏(日本人武士)です

壇ノ浦の戦いでは平家(日本)は源氏(渡来人)に負けたので
いよいよ中国人・朝鮮人一家である源氏の勢いは増しました
源頼朝奥州藤原氏をも義理の弟である義経と共に討ち滅ぼし鎌倉幕府をつくります
この鎌倉幕府こそ渡来人の幕府であり
日本は源氏により乗っ取られた形になりました
しかしこれも平氏の北条氏により滅ぼされます
後に源氏の足利氏が台頭するなどし戦国時代へと突入していきました

甲斐源氏の武田家は源氏隆盛の地である常陸国吉田郡武田郷(茨城県ひたちなか市武田)
から
信州と越後を源氏の地にする為に甲斐へ派遣された戦闘部隊でした
仲間の今川・松平の太平洋を目指さず遠い日本海の越後を征服しに行った理由はここにありました
隣国の信州は日本古来の神聖な諏訪神党の地ですから必ず滅ぼさねばなりません
このような理由から源氏の武田信玄平氏の長尾景虎(上杉謙信)は永く争いました

戦国時代においても平氏一門の力は弱く平氏筆頭の織田信長は明智・徳川・豊臣・武田などの
源氏武士や石山本願寺・比叡山などの
僧兵にも潰され悪名を着せられ葬られたのでした
仲間や身内同士でも骨肉の争いが絶えなかった源氏の戦国の世は
徳川家康と天海(明智光秀)が他の源氏を征し江戸幕府を開くことで決着します
鎌倉幕府に続くより堅固な朝鮮人政府の台頭でした

この渡来人と日本人の戦い明治維新まで続き現代では政治や経済でも攻防が続いています
第二次世界大戦でアシュケナジーユダヤ人である偽ユダヤ(アメリカ・イギリス・ロシア)
朝鮮・中国民族を使い日本の内政に介入し国政は困難を極めています

日本の歴史は詰まる所『日本人=平氏』VS『藤原氏+源氏』の歴史であると言えます
日本という国をこのような色分けで見直してみると本当に腑に落ちることばかりです
みなさんもお試しください
朝鮮人や中国人という渡来人が入ってこなければ
どんなに美しい国だったのだろう・・・と思うと悔しい気持ちで一杯です
※源氏と親の藤原氏は身内で殺し合い争いが絶えませんでしたが
平氏一門はとても仲が良く助け合ったという逸話は有名です

カテゴリ: ▣ 除中・除米・除鮮=藤原氏
カテゴリ: 日本・日本史・侍・大和魂・大和撫子

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

液晶 テレビ 4K 55型 55V型 IRIE(アイリー) 録画機能付き 外付け...
価格:68200円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【期間限定 5000円OFF クーポン対象商品】 55V型 4K対応...
価格:69800円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)