イエローストーンの破局噴火を検証する











今回は地球再生計画前に起きると言われているイエローストーンの噴火について紹介したい
まずは坂本廣志氏のこんな話からお聞きください

◆第7回坂本塾‣11 いろいろな質問 2016/11月収録
 

春の訪れと共に世界各地で突如として始まった群発地震は何かを示唆するのか?
イエローストーン・九州沖のトカラ列島やニュージーランドでも従来にない地震が多発している
5c4793c7






イエローストーン国立公園 グランド・プリズマティック・スプリング
は、アメリカ合衆国イエローストーン国立公園ミッドウェイ間欠泉地域に存在し、行政区画的には
ワイオミング州ティトン郡に位置する同国最大の熱水泉であり、世界的にもニュージーランドの
フライング・パン・レイク、ドミニカ国のボイリング・レイクに次いで第3位の規模である。
1920px-Grand_Prismatic_Spring_and_Midway_Geyser_Basin_from_above








グランド・プリズマティック・スプリングは1871年に行われたハイデン地質調査において
地質学者が注目し、その印象的な色彩から命名された。
その色彩には青、緑、黄、オレンジ、金、赤及び茶が含まれ、光学プリズムによる白色光から
虹色への分散を思い起こさせる。
(提供:ウィキペディア)
ice_screenshot_20180419-1328179996e3aca3166182baf492cfbb79dc84


























噴火すれば間違いなく完璧な氷河期になる
噴煙が地球上を覆い太陽光は届かなくなり食糧難になる
飢え死にする人々が大勢でるだろう
f3f49e4478597ee8








まずはイエローストーンの異変について説明している動画を見て欲しい

◆2016年イエローストーンに異変 地震多発!破局噴火か!?小規模噴火か!? 2016/05/20 公開


ユーラシア









◆【破局噴火】イエローストーンの破局噴火が迫っている!? 2017/09/24 公開


イエローストーンの異変

道路の融解
3f1240ae











逃げ出すバイソン

20140404111857iero-sutonn











下記IN DEEPの記事より転載

4月16日に九州沖のトカラ列島で発生した群発地震
tokara-swarm-0416































4月11日からまたも群発地震が始まったイエローストーン(1週間で116回)
yellowstone-0411-0417



















4月に入ってから地震が稀な場所での群発地震が頻発
冒頭に、トカラ列島で 4月16日を中心に発生していました群発地震の状況を載せました。
トカラ列島は、九州南部の南西諸島にある諸島で、今回群発地震が起きている場所は大体ですが
下の位置となります。

4月15-16日の群発地震の震源
tokara-02b

















今回のトカラ列島での連続する地震を見て思いだしたのが、2016年12月8日にも
同じトカラ列島で群発地震が発生していたことでした。震源は「ほぼ同じ」でした。
特筆すべきことは、この 2016年12月8日のトカラ列島での群発地震の「前後」は
世界中で「珍しい場所での地震」が頻発していた
のでした。

この時期、環太平洋火山帯では、ソロモン諸島で M 7.8の大地震、インドネシアで
M 6.5の地震が起きていました。
まあしかし、環太平洋火山帯で大きな地震が起きるのはレアとは言えないですが
問題はこの頃(前後 1週間)・・・

「ふだん地震が起きないような世界の各地で地震が発生していた」

ということが目立っていたのでした。

下は、トカラ列島での群発地震が発生した 2016年12月8日をはさむ前後 1週間に
「環太平洋火山帯ではない場所」で発生したマグニチュード 4.5以上の地震です。
asia-earthquake-1209b















地震というものは、基本的にはそのほとんどが環太平洋火山帯で発生します。
M 4.5を超えるものとなるとなおさらですが、この時は連続してもチベットやモンゴル
イランなど、環太平洋火山帯ではない場所でかなり大きな地震が発生し、被害を出していました。

そして、

「今もまた、そんなようなことになっている」

のです。

今回の場合は、大地震というより、「世界各地で群発地震が起きている」のです。
しかも、その中には「ふだん地震がほぼない場所」もあります。
もちろん、日本での群発地震と世界各地の群発地震のあいだに関係はないだろうとはいえ
「日本の群発地震に続いて、世界の地震活動が活溌化する」という傾向は、最近常にありまして
具体例を書くつもりはないですが「そういう傾向はある」ということを断言しておきたいと思います。

なお、日本では、トカラ列島の群発地震の少し前の 4月9日に、島根県でも、やや異例の下のような
群発地震が起きています。

4月9日の島根県での群発地震
shimane-swarm-0409


































現在の地球は、以下の記事で書きましたように、地質学的には、地震や火山噴火が頻発しても
不思議ではない時期に入っています。

地球の自転の速度が4年連続で減速しているという
そんな中で、 4月になってから「日本を含めた世界中で群発地震が起きている」というのは
なかなか興味深い動きとはいえます。
以下、報道などから現在起きている群発地震について羅列させていただきます。
先に地図に示しておきますと、ご紹介する、群発地震が報じられているのは以下の場所です。
smap02













2018年4月の世界各地の群発地震
カナダ・ニューブランズウィックでの謎の群発地震
(回数:約20回 / 日時:4月上旬から現在まで継続)
4月13日のカナダCTVニュースよりcanada-nb-swarm















地震がほぼ起きたことのない米国ネズラスカ州で4回連続の地震が発生
(回数:約4回 / 日時:4月9日)
4月10日のアメリカの報道よりnebraska-swarm-april2018












イタリアを中心とするヨーロッパで続く群発地震の報道
4月10日のイギリスの報道よりeurope-swarm-fear




























ハワイ・キラウエア火山の山頂で群発地震が始まる
(回数:約200回 / 日時:4月11日)
4月12日のハワイの報道よりkilauea-swarm-0412
















ニュージーランドのアルパイン断層で始まった群発地震(4月上旬発表)
4月3日のニュージーランドの報道よりalpine-fault-swarm




















米国イエローストーンで数日で100回を超える群発地震が発生
(回数:約120回 / 日時:4月11日より継続)
アメリカ地質調査所(USGS)よりyellowstone-swarm-002













これらの群発地震それぞの間には特に関連はないのかもしれないですが
しかし、「地球」という単位で考えますと、普通にすべて関係があるともいえます。

現在のような状態が増加していくのかどうかはわからないですが、科学者たちの言葉を信じますと
「地質学的には今後増加していく可能性が高い」ということになるのだと思われます。
(提供:IN DEEP)
ice_screenshot_20180419-132839










今後もイエローストーンの情報には注意をはらい追記記事をUPする予定です
d671eac7








カテゴリ: ▣ これからの生き方・予言・警告
カテゴリ: 地球・ガイア・異変・自然


                          ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VOX 強炭酸水 500ml×24本 送料無料 世界最高レベルの炭酸充填量5.0...
価格:1650円(税込、送料無料) (2018/4/19時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスタルガイザー(500mL*48本入)【クリスタルガイザー(Crystal ...
価格:2210円(税込、送料無料) (2018/4/19時点)