嘘と捏造の洗脳







今回は洗脳の実態について取り上げてみたい
プロパガンダは誰によってどのようにして作り上げられ
我々庶民はどのようにしてコントロールされているか
そんなところを紹介する
もちろん答えを出すのは貴方自身である

To the Shores of Iwo Jima (硫黄島を目指せ)
は、アメリカ海軍とアメリカ海兵隊が1945年に製作したコダクロームのカラー短編戦争映画である。
shoers1ice_screenshot_20180612-172657




























これは硫黄島の戦いのドキュメンタリーであり、一般のアメリカ人が最初にカラーで星条旗が
摺鉢山に翻る有名な場面を見ることとなった。
maxresdefault (4)









初公開: 1945年6月7日 (アメリカ合衆国)
音楽: ウィリアム・ラバ
製作: アメリカ海兵隊
撮影: ノーマン・T・ハッチ、 ジョン・マクレイン、 デイビット・ホプキンズ
 アーブ・シュロスバーグ、 カール・T・スール・ジュニア
ノミネート: アカデミー短編ドキュメンタリー映画賞

硫黄島を目指せ」の撮影担当 ノーマン・T・ハッチの証言
ice_screenshot_20180612-172721ice_screenshot_20180612-172733ice_screenshot_20180612-172740ice_screenshot_20180612-172745ice_screenshot_20180612-172751ice_screenshot_20180612-172802ice_screenshot_20180612-172825

























































































































031c1f51 (1)










湾岸戦争介入の為にナイラ証言をでっちあげたアメリカ政府
湾岸戦争にどうしても軍事介入したいアメリカは広告代理店にある依頼をします
これが有名なナイラ証言です
ice_screenshot_20180612-172858










ナイラ証言
とは、「ナイラ」なる女性(当時15歳)が1990年10月10日に非政府組織トム・ラントス人権委員会
にて行った証言。
イラクによるクウェート侵攻後、イラク軍兵士がクウェートの病院から保育器に入った新生児を
取り出して放置し、死に至らしめた経緯を涙ながらに語った事で知られる。
当時のマスコミはクウェートへ入れなかったため、この証言が信憑性のあるものとされ
広く喧伝された。
アメリカ合衆国上院議員や大統領も幾度となく引用しており、湾岸戦争の布石を敷くこととなる。

当初はアムネスティ・インターナショナルや避難民からの証言により裏付けの取れたものであった。
しかし、クウェート解放以後マスコミが同国内に入り取材が許された結果
新生児の件は虚偽であった事が発覚。
1992年に「ナイラ」なる女性は苗字がアッ=サバーハであり当時クウェート駐米大使であった
サウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハの娘との事実が明らかになった。
その上、証言自体がクウェート政府の意を受けたヒル・アンド・ノウルトンによる自由クウェートの
ための市民運動広報キャンペーンの一環であったことが判明した。
(提供:ウィキペディア)
ice_screenshot_20180612-194526ice_screenshot_20180612-194529ice_screenshot_20180612-194557ice_screenshot_20180612-194602
























































アメリカ政府とナイラ証言を捏造した広告代理店はプロパガンダミッションを成功させ
アメリカはナイラ証言を追い風にし国民の支持を得て湾岸戦争へ突入しました
ice_screenshot_20180612-172939
ice_screenshot_20180612-172941


















ice_screenshot_20180612-194348ice_screenshot_20180612-194425ice_screenshot_20180612-194418























































ice_screenshot_20180612-173129ice_screenshot_20180612-173134ice_screenshot_20180612-173144

































































ff010a86









ザ・レイプ・オブ・南京 (南京大虐殺)
南京事件
は、1937年(昭和12年)12月の南京戦において日本軍が中華民国の首都南京市を占領した際
約6週間もしくは最大で2か月以内にわたって、当時の日本軍が中国軍の捕虜、敗残兵、便衣兵
そして南京城内や周辺地域の一般市民などに対して殺傷や暴行を行ったとされる事件。
「名称の種類と変遷」節で述べるように、南京大虐殺、南京大虐殺事件、南京虐殺事件など
多様な呼称がある。

南京事件は、事件直後から欧米の報道機関によって報道されており、日本政府や日本軍の保存した
公式文書の中にも事件直後に行為を認知したとことを傍証する文書が存在している。
終戦後に行われた南京軍事法廷や極東国際軍事裁判では南京事件について裁かれた。
その後も南京事件論争で述べるように、事件の規模、虐殺の存否、戦時国際法違反か、犠牲者数など
さまざまな論争が存在している。
朝日新聞による南京大虐殺の捏造写真
日本政府は、被害者の具体的な人数について政府としてどれが正しい数かを認定することは
困難ではあるものの、日本軍の南京入城(1937年)後に非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは
否定できないという歴史認識を示している。
この事件については、事件の規模、虐殺の存否、戦時国際法違反か、犠牲者数などさまざまな論争が
存在している(南京事件論争)。事件の真相はいまだ不明であり万人が納得するような説明は
いまだなされていないとする意見がある。
2015年10月9日、ユネスコは中国の申請に対して「Documents of Nanjing Massacre」を
記憶遺産に登録した。
(提供:ウィキペディア)
2166-square-1536ice_screenshot_20180612-173221ice_screenshot_20180612-173348


























































The Rape of Nanking
The Forgotten Holocaust of World War II 
(ザ・レイプ・オブ・南京

中国系アメリカ人作家アイリス・チャンが著した南京事件に関する著作。
ザ・レイプ・オブ・南京 アイリス・チャン 嘘
ザ・レイプ・オブ・南京 アイリス・チャン 嘘2
















原著は1997年に発刊され、いくつかの言語に翻訳された。 
初版発行: 1991年12月
著者: アイリス・チャン
出版社: Basic Books
ページ数: 290
ジャンル: ノンフィクション
国: アメリカ合衆国
ice_screenshot_20180612-173355ice_screenshot_20180612-173400



























詳しくは下記をご覧いただきたい
アンネの日記は小説 Vol.1 ※ホロコーストや南京大虐殺は捏造
アンネの日記は小説 Vol.2 ※ボールペン使用と偽の筆跡








アシュケナジー系ユダヤ人』と『ユダヤ人』とは別人種である
正統ユダヤ人に白人はいない
偽ユダヤ欧米人9cd2da10
ice_screenshot_20180612-173910

















本当のユダヤ人と偽ユダヤ人1609820c














































ice_screenshot_20180612-174026ice_screenshot_20180612-174046ice_screenshot_20180612-174102


























真実の扉を開けてみよう

◆プロパガンダとコントロール【人類史の大転換】

031c1f51 (1)遠隔洗脳 リリー波 アメリカ








今年『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』という映画が
アカデミー賞を獲った
『ウィンストン・チャーチル/世界を戦争に引きずり込んだ男』という題名が
本当の題名にならないと事実とは異なる
※彼の父親はあのイギリスの切り裂きジャック犯で有名だが
そもそもチャーチルがいなかったら第二次世界大戦はおこらなかった
そんなプロパガンダで世界を熱狂させているのが偽ユダヤ:アメリカという国である

父親たちの星条旗硫黄島からの手紙を撮ったクリント・イーストウッドは引き続き
南京大虐殺(
ザ・レイプ・オブ・南京)の映画を制作する予定であったが最終的に撮影はしなかった
南京大虐殺について調査した結果事件そのものがなかったことが判明したからだった
父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙は大作であったにも関わらず
アカデミー賞はノミネートだけに終わった

同年のアカデミー監督賞は地球温暖化詐欺のドキュメンタリー映画
地球が壊れる前に Before the Floodのグゼクティブ・プロデューサー
マーティン・スコセッシが受賞した

カテゴリ: ▣ 国防・戦争・政治
カテゴリ: 帰化人の政治・マスゴミ
カテゴリ: ▣ 洗脳・偽ユダヤ : アシュケナジー系ユダヤ
                          ブログランキング・にほんブログ村へ