地球なんでも鑑定団

地球の歴史関連なんでもCheckします▲▼日本史・世界史・宇宙史・サイエンス

カテゴリ: 宇宙・サイエンス・自然

前回の進化論の嘘1/2の続きです。生物学者ジェフリー・シュワルツ博士は、アメリカの権威ある科学誌『サイエンティフィック・アメリカン』1999年9月号にこう書いています。「ミッシングリンクは、すべて、いまだにミッシングである。それは将来もけっして発見されないだろう ...

太陽が星を創っていたという衝撃的な話実際の動画を見るまでは信じられなかったが・・・では太陽のような恒星は何から作られているのだろうそれはクェーサーの中心で生まれるらしいこれから一般的になる宇宙考古学によると地球(ガイア)・火星・金星は木星から生まれた惑星と ...

2025年までに火星に人類を送るという計画が進行中ですがなんと今から50年以上前にすでに人類は火星に到達していたと言ったら信じることができるでしょうか?信じ難いNASAから流出したという極秘映像をご紹介します奇しくも55年前の今日1962年5月22日人類は火星に行っていまし ...

2004年3月30日、欧州宇宙機関(ESA)の公表では、探査機マーズ・エクスプレスから送られてきたデータを解析したところ、火星の大気に大量のメタンガスが含まれていると判明したといいます。当初、メタンガスの存在は予想されていなかっただけにその発生源をめぐって調査 ...

進化論(しんかろん、英: evolution theory)とは、生物が進化したものだとする提唱あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである。生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて現在見られる様々な生物は全てその過程のなか ...

火星のシドニア地区にある人面岩の論争は自然の岩であると決着がついたかのように見えていた海底考古学でお馴染みのZak Zaurus先生が火星の人面岩周辺と地下の都市を解析したのでその映像を紹介しよう                                   ...

NASAと聞くと宇宙開発が目的の組織だと思う人が多いが実は少し違うアメリカ航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration, NASA)はアメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。宇宙開発に加えて重要な任務は宇宙空間の平 ...

様々な疑惑・陰謀と憶測の的になっている火星。今回は火星のオーパーツと火星文明について見ていきますが皆さんは火星についてどこまで知っているでしょうか?さっそく驚きの動画からご覧ください。 謎のオーパーツメリディアニ大地に存在する3個タワー状の物体が等間隔(約 ...

裏NASAトップシークレットシリーズ第一弾は一般公開されない飛行物体を紹介します知っている方も多い公開された Alien の証拠の動画で紹介した有名な画像この飛行物体は全くの謎です何かを調査する目的で作られた可能性は高い クラッシュした飛行物体の残骸それでは具体的な ...

最近までアカデミズムは火星には酸素がほとんどないため、火星の極地にある極冠は二酸化炭素が冷えて固まった巨大なドライアイスだと断言していました。バイキング1号は着陸後に気象観測を始めました。最初の観測結果は、気圧7,65ミヘクトパスカルで、1日周期の変化はわず ...

この画像の元画像はコチラです。2016年5月にハッブル宇宙望遠鏡が撮影した火星です。Marsと検索すると普通はこんな画像が出てきます。だいぶ以前からNASAの隠蔽工作は疑われていました。今日は火星の色に関する空の話題からスタートしたいと思います。夕焼けの空はどうし ...

大西洋に浮かぶポルトガル領マデイラ諸島撮影されたオレンジ色に染まった奇妙な形の雲が世界中で話題になりましたが世界の空は更にとんでもないことになっているようです※ロジェリオ・パチェコさん撮影コチラは日本です気象現象では説明が苦しい空の映像を厳選してみました ...