世界の真実や報道されないニュースを探る地球なんでも鑑定団

世界の真実・本当の歴史・歴史の真実・学校が教えない・報道されないニュース 地球なんでも鑑定団の記事はクレジット(ソース元)さえ入れていただければ画像もテキストも転載OKです

カテゴリ: 神々・神社・神殿・神仏・古神道

かごめかごめ籠の中の鳥はいついつ出やる夜明けの晩に鶴と亀がすべった後ろの正面誰かごめ唄は籠神社の暗号唄でかごめとは籠目で亀をあらわす六芒星のことです。そして亀の甲羅は六角形です。かごめ歌の発祥は丹後一宮元伊勢 籠(この)神社でした。海部(あまべ)宮司談「かご ...

祇園神社(ぎおんじんじゃ)は、牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社。他に祇園信仰に基づく神社名称としては、八坂神社(八阪神社・弥栄神社)、広峯神社、天王神社八雲神社、須賀神社、素盞嗚神社などがあり、時代や資料によって通用される。名称は、神仏分離以 ...

竹内文書は何者かによって古代の書物(古史古伝)を装って捏造された偽書である。神代文字で記された文書と、それを武烈天皇の勅命により武内宿禰の孫の平群真鳥が漢字とカタカナ交じり文に訳したとする写本群と、文字の刻まれた石、鉄剣など、一連の総称。天津教の聖典とされ ...

君が代(きみがよ)は、日本国の国歌。「天皇の治世」を奉祝する歌であり「祝福を受ける人の寿命」を歌う和歌を元にしている。歌詞は10世紀初めに編纂された『古今和歌集』の短歌の一つで、曲は1880年(明治13年)に付けられた。以後、国歌として歌われ、1999年(平成11年) ...

いよいよクライマックス八岐大蛇の登場です有名な八塩折の酒の伝説もここから誕生しましたクシナダヒメの櫛ですが九枝とも書きます九枝の枝を1本折ってイザナミを見に行ったイザナギと何かかぶりますまた九枝の枝を1本折ったので残りは八本です八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に ...

いよいよ三貴神の誕生です黄泉の国で汚れた身体を洗い流す時右目からは月読尊左目からは天照大神鼻からは須佐之男命(素戔嗚尊)が生まれましたイザナギは天照大神に高天ヶ原を月読尊には夜の国を須佐之男命には海の国を治めさせましたが・・・須佐之男命は母恋しさに暴れまわ ...

古事記や日本書紀は馴染みがない方が多いと思いますが日本の国史ですから是非この機会にサクサクと知ってくださいカッコイイ動画ですので楽しく学べます 桃と葡萄と言えば山梨?山梨と言えばワイン(イエス・キリスト)も有名でしたね・・・富士山もあるし・・・富士宮下 ...

竹内文書ではピラミッドは日本発祥であるとされていますまたモーゼやイエス・キリストも日本に来日しています                                市販の水素水の3倍〜20倍の高濃度水素水がペットボトル30本分作り方DVD付で簡...価格:2980円 ...

天皇旗である十六菊花紋の起源と日の丸の歴史について語られています万国巡幸の様子                               市販の水素水の3倍〜20倍の高濃度水素水がペットボトル30本分作り方DVD付で簡...価格:2980円(税込、送料無料) (2017 ...

昨今は反日教育の日教組などの影響もあり戦後からは特に祝祭日に国旗掲揚をする家庭はみかけなくなりました昔はこんな風景はごく一般的だったようです昔はこんな風景をそこここで見かけました子供の頃は正直いうと日の丸に違和感を感じていました梅干弁当?みたいで貧乏くさい ...

日本の正史的な文献「記紀」である『古事記』『日本書紀』をはるかに遡る超古代の日本と世界の歴史を伝えるという脅威の文献が存在しますそれが『竹内文書』です『竹内文書』(磯原文書、天津教文書ともいう)とは、神代文字で記された文書とそれを武烈天皇の勅命により武内 ...

初代神武、第10代崇神、第15代応神には「神」の共通の字があります。記紀は3人の天皇を最大限に賛美しています。そして、九州から畿内へ侵攻してきたという業績を見れば、神武の東征ルートと応神の東征ルートは一致します。つまり、応神も崇神も、神武天皇の業績を投影した ...

参拝と言えば二礼二拍手一礼が今までの常識でしたでも実はこれは明治政府以降に作られた間違った作法なのです靖国神社を国家神道とし本来の神道を廃仏毀釈によって改竄してしまった忌々しき名残です今で言う古神道が本来の正しい日本の神道なのです神棚には三神を祀る(祭る・ ...

白人に多いRhマイナスさまざまな怪情報を発信しているサイト「Trending News Archive」によるとRhマイナスの血液型の人は聖書に登場する「ネフィリム」と呼ばれる巨人族の子孫で人類とは違った体質の持ち主であるらしい。日本で血液型といえばABO式血液型が主流であるが、こ ...

素朴な疑問イエス・キリスト(ヤハウェ)は絶対神で世界の神々はイエス・キリストに統合される日本の天照大神・クリシナ・アッラーなども全てイエス・キリストと同一神であったがしかし聖書に出てこないゼウスやオーディン・クロノスなどのギリシャ神話や北欧神話などの神々の ...

今回は天照大神の正体第2回目ですイエス・キリストが天照大神である理由を更に見ていきましょう天照大神の字に表されるイエス・キリスト天照大神の字はイエス・キリストを表しています。漢字には聖書の故事が含まれています。「 天 」は、今は上の横棒のほうが長いですが、本 ...

日本のエルサレム「平安京」平安京は、京都市に造営されたかつての都の名称です。奈良盆地南部の藤原京(694年‐710年)、奈良盆地北部の平城京(710年‐784年)京都盆地南西部の長岡京(784年‐794年)ののち、桓武天皇は都を平安京に移します。奈良の都の平城京から遷都す ...

今日は日本で2番目に多い 八幡宮 真実の祭神の続編日本で1番多い稲荷神社の 真実の祭神についてです稲荷神社は秦氏が造りました。全国に約三万社ある稲荷神社の中心の伏見稲荷大社は奈良時代の紀元711年に秦氏が稲荷山上に神をまつり社殿が造営させました。伏見はの地名に関 ...

数ある神社の中で、八幡宮は稲荷神社に次いで2番目に多い神社です。八幡宮は、八幡神を祭神とする神社で八幡神社、八幡社、八幡さまとも表記・呼称されます。全国に約44,000社あり大分県宇佐市の宇佐神宮を総本社としています。 八幡神(やはたのかみ、はちまんしん)は、 ...

三社祭で有名な浅草寺には境内に浅草神社があります神仏習合を廃して神仏分離を押し進めた明治維新後に発生した一連の動きである廃仏毀釈の前の名残で日本各地には神仏習合の寺社仏閣が残っていますこれは浅草神社の神紋「三つ網紋」ですが実はこの紋はイスラエルのガド族の ...

いやー見つけちゃいました武井神社(たけい じんじゃ)武井・苗字・由来でも書きましたが武井という名字は清和源氏所縁であり諏訪氏系である鎧をまとった闘いに挑む兵士竹井と同じである以外はよくわかりませんでしたが今回は武井神社もみつかり少し前に進めそうな予感です  ...

熊本県阿蘇郡 上色見熊野座神社上色見熊野座神社が「神秘的すぎる」と近年急速に知名度を上げ参拝する方も急増しているそうです。ご紹介の映像は、熊本県の上色見熊野座(かみしきみくまのいます)神社の映像です。神秘的な景色は圧巻です。悪しき者は入れない・・・まるで ...

熊本地震で大きな被害が出た阿蘇神社重要文化財で日本三大楼門のひとつである楼門と拝殿も倒壊しました今日は諏訪大社と関係の深い阿蘇神社を取り上げます阿蘇神社(あそじんじゃ)は、熊本県阿蘇市にある神社。式内社(名神大社1社、小社1社)、肥後国一宮。全国に約450社あ ...

イエス・キリストの本当の顔だちの研究は世界的なプロジェクトです過去にBBCとHistory Channelがドキュメンタリーで放映している2つの顔が有名ですイエス・キリストは以前は青い目の白人のように描かれていましたイエス・キリストはアダムとイヴの子供セツの子孫で黄色人種で ...

鴨鍋に葱はつきものですが鴨が自分で葱まで背負ってやって来てくれればすぐに食べられて好都合であることから多くは、お人好しが、こちらの利益になる材料を持ってくることを言います。略して「鴨葱」とも。大辞林第二版には願ってもないこと、大変好都合であることという意 ...

天照大神(あまてらすおおみかみ)は、日本神話に登場する神。皇室の祖神で、日本人の総氏神ともされる。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり皇室 ...

古代イスラエルと長野県の諏訪大社は旧約聖書で結ばれていたそれは社内の建築様式・御柱祭・御神渡り・御頭祭・神山の名前など実に様々な視点から判明している皆さんもご存知の通りイスラエルからは国の調査機関アミシャブが来日していることでもわかる今更恥ずかしくて取り ...

正月雛祭り七夕七五三・・・まさか日本古来の行事だと思って疑ったこともなかったことが古代イスラエルそうユダヤに端を発していたとは夢にも思わなかったつい3年前までは・・・・・・かごめ かごめとおりゃんせさくら さくら君が代みんな仕掛け歌でしかもヘブライ語じゃな ...

私は小さな頃から控え目に見ても不幸が纏わりついている子供だった親の秘密を知り兄弟姉妹にも言えず苦しみ様々な霊障や精神障害を患い気が付けば50年が過ぎていた不幸のブラックホールのような人生だった ※自分で除霊もできるようになった子供の頃エイリアンやUFOへの関心 ...

スサノオ(スサノヲ、スサノオノミコト)は、日本神話に登場する神である。『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命表記する。『古事記』の記述によれば、神 ...

永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院。總持寺と並ぶ日本曹洞宗の中心寺院(大本山)である。山号を吉祥山と称し、寺紋は久我山竜胆紋(久我竜胆紋・久我竜胆車紋)である。1244年開山は道元。本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である ...

使徒​のヨハネ​に​与えられた​啓示の「ヨハネの黙示録」で、ヨハネはこのように述べています。またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは「忠実で真実な者」と呼ばれ義によって裁き戦うかたである。 その目は燃える炎であ ...

七面山(しちめんさん)は山梨県南巨摩郡にある山。山頂付近に1,982.4mの三角点があるが、登山道からやや離れたところにある最高地点の標高は1,989mである。山頂付近が身延町の飛び地となっており、山頂は身延町と早川町の境になる。東側は身延山、富士川を隔てて天子山地と ...

今夜は是非コチラのVをご覧いただきたいと思います足掛10年にも及ぶ祭事2013は伊勢神宮し出雲大社の式年遷宮がありましたこのVは前回の61回目の様子です最初はボーッと観ていたんですが山口祭という御神木を切りだすところから宮大工の技その他の奉納品の出来あがるまでに目 ...

↑このページのトップヘ