世界の真実や報道されないニュースを探る地球なんでも鑑定団

世界の真実・本当の歴史・歴史の真実・学校が教えない・報道されないニュース 地球なんでも鑑定団の記事はクレジット(ソース元)さえ入れていただければ画像もテキストも転載OKです

カテゴリ: 日本史上の歴史人物

2003年海上自衛隊の式典に参列するため、1人の老紳士が初めて日本の土を踏んだ。84歳という高齢に加え心臓病を患っているというのにだ。元イギリス外交官でサーの称号を持つサムエル・フォール。彼にはどうしても日本を訪れたい理由があった。サー・フォール曰く「自分が死ぬ ...

最近ネットでは都市伝説から常識になりつつある秀吉の忍者説山の民という化外の民だった豊臣秀吉は農民ではありえない高い技術・情報収集能力をもっていた 既に皆さんもご存知の通り過去の都市伝説が今の常識になってきていますこれからもどんどんディスクロージャーされて ...

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と言えば三英傑として日本の歴史に大きく名を残した有名な戦国武将達であるそんな戦国武将達の歴史が昨今変わろうとしているまずは3武将について見てみよう織田 信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。尾張 ...

坂本 龍馬(坂本 直陰=直柔)天保6年11月15日〈新暦・1836年1月3日〉 - 慶応3年11月15日〈新暦・1867年12月10日〉)は江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。諱(生前の実名)は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬。 他に才谷 梅太郎などの変名がある。土佐郷士株 ...

本能寺の変で殺された織田信長は実は周到に計画された暗殺だった主犯は正親町(おおぎまち)天皇 ※足利尊氏以降の北朝天皇実行犯は明智光秀 ※後の天海僧正協力者は徳川家康・豊臣秀吉  (提供:佐藤 昭信)信長が殺された理由織田信長は皇族であった尾張氏の末裔尾張氏(お ...

聖徳太子厩戸皇子(うまやどのおうじ)は飛鳥時代の皇族・政治家。「聖徳太子」は後世の諡号。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど進んでいる中国の文化・制度 ...

桶狭間の戦いは、永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦。2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である今川義元・今川氏真親子に対し尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた日 ...

織田信長の妹であるお市の方の三女お江与の方非業の死をとげたお江与の方の死の真相に迫ってみよう三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)以外に春日局・淀殿との闘いにも翻弄されてゆくお江与(崇源院1573年-1626年)は、安土桃山時代から江戸時代初期の人物。一般には江(ご ...

今日も雑談の中からとんでもない話が飛び出します裏の歴史について聞いてみましょう ※坂本廣志カテゴリーはコチラ                              皮膚科医開発YCドクターズコスメ◆オールインワンゲルお肌のハリ・毛穴ケアの秘密⇒...価格: ...

上杉謙信は女だったという説があるが今回はそんな動画を紹介しよう上杉 謙信 / 上杉 輝虎は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、越後の獅子、軍神と称される。上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長 ...

今月は日本月間と称し記事をUPしていますが特に戦国時代の歴史認識は一体なんだったんだろうと言わんばかりに見事に覆っています中でも今回の武田信玄と徳川家康の親子説は眉唾ではないかと思っていましたその前に武田信玄の肖像画について触れてみたいと思います下記の肖像 ...

【至急】塩を止められて困っています【信玄】を書いていて気が付いたことなんですが武田信玄のルーツは茨城県だったんです私は当然ながら山梨ケンミンだと信じていましたし韮崎がルーツだって思っていました山梨には甲府市武田という地名もありますところが茨城県ひたちなか ...

3大戦国武将の中で最も恐れられ人気がある織田信長氏に迫ります織田 信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代か ...

織田信長 暗殺の真相で記事にしたように明智光秀は天海僧正と名を替え徳川家康に仕え日光東照宮の建造をもまかされた この日光東照宮に明智家の家紋が見つかっているとされる動画をまずご覧いただきたい 天海大僧正が建築を指揮し初代住職になった日光東照宮の陽明門の国宝 ...

川中島の戦いは、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が ...

武田信玄のことを調べていて発見したんですがなんと武田家には武田信長という武将がいたんですとても強そうですが実際どのような人物だったのでしょう気になって調べてみました文献にはこうありました-----------------------------------------------------武田 信長(たけ ...

武田信玄の若き頃の恋の相手とは・・・武田二十四将のうちに数えられている高坂昌信弾正。彼は、武田四天王の一人として武田信玄にもっとも信頼されていた家臣の1人として知られます。信玄時代の武田家と、越後の上杉家が何度も合戦をして争っていたのは有名ですが(川中島の ...

日本には茶道という芸道がありますね新春には各派で茶会も催されたりします茶道は『茶湯(ちゃとう)』や『茶の湯』とも呼ばれ古くからお茶を楽しむために数多くの作法の元で行われるものです千利休によって侘び茶が確立されそれ以前からの流派も含め様々な流派が茶道を現在 ...

昨今、「首都」東京への一極集中を是正する目的から首都機能移転・・・ いわゆる遷都問題が取り沙汰されています。確かに江戸(東京)は、慶長8(1603)年、徳川家康による「江戸開府」以来徳川将軍15代のお膝元として、250年にわたって、日本の「政治の中心地」として機能し ...

竹内文書を語る上で欠かせない第73世 武内(竹内)宿禰(たけしうちのすくね)正統「竹内文書」継承者 竹内睦泰さんを紹介します私が竹内文書と出会ったのは5年前当時は古神道という言葉にハマっていて密かに趣味として楽しんでいました竹内文書・日月神事・宮下文書という古史 ...

↑このページのトップヘ