進化論の嘘と矛盾 1/2の続きです。進化論は仮説「キリンは高い木の葉を食べようとして首が長くなった」というラマルク説の進化論があります。フランスの博物学者ラマクスは、生物は単純なものから複雑なものへ進化する性質を必然的に持っていて、環境条件によって得た性質は ...