藤原不比等が日本乗っりの為に持ち込んだ蠱毒(こどく)は『目玉』という妖怪蠱毒とは、古代中国において用いられた呪術を言う。動物を使うもので、中国華南の少数民族の間で受け継がれている。蠱道(こどう)、蠱術(こじゅつ)、巫蠱(ふこ)などともいう。代表的な術式とし ...