2004年3月30日、欧州宇宙機関(ESA)の公表では、探査機マーズ・エクスプレスから送られてきたデータを解析したところ、火星の大気に大量のメタンガスが含まれていると判明したといいます。当初、メタンガスの存在は予想されていなかっただけにその発生源をめぐって調査 ...