最近までアカデミズムは火星には酸素がほとんどないため、火星の極地にある極冠は二酸化炭素が冷えて固まった巨大なドライアイスだと断言していました。バイキング1号は着陸後に気象観測を始めました。最初の観測結果は、気圧7,65ミヘクトパスカルで、1日周期の変化はわず ...