オーストラリア北西部で、世界最大となる長さ1.75メートルの恐竜の足跡が発見された。同国クインズランド大学の研究チームが発表した。この足跡は、長い首をもつ草食恐竜、竜脚類が残したもので北部のダンピア半島でクインズランド大学のスティーブ・セイルスベリー教授のチ ...