GHQによる「靖国神社」焼き払い計画戦後に日本を占領したGHQは1945年、靖国神社を焼き払いドッグレース場を建設する計画を立てていたが、賛否両論が巻き起こり収拾が付かなくなっていた。そこでローマ教皇庁代表であり上智大学学長でもあったブルーノ・ビッテル神父とメリノ ...