世界の真実や報道されないニュースを探る 地球なんでも鑑定団

世界の真実・本当の歴史・歴史の真実・学校が教えない・報道されないニュース 地球なんでも鑑定団の記事はクレジット(ソース元)さえ入れていただければ画像もテキストも転載OKです

タグ:NASA

NASAはニビルが太陽系の惑星と衝突することを認めているしかしブルービームプロジェクトによるものだと訴える声も少なくない私達一般人には真実を知る方法がないネット情報は助けにもなるがプロパガンダを狙った嘘も多い南極に衝突すると言われていることが本当なのであれば ...

嘘と捏造が仕事のブロパガンダ集団NASAのお時間ですだいぶ前から黒点がなくなり活動が止まりそうな太陽ですがコチラの画像もNASAらしいので100%は信頼できませんがしかし一方で氷河期6年目ということもあり100%嘘でもなさそうです今回紹介する太陽は熱い恒星ではなかったと ...

何から何まで計算尽くめのハリケーン「イルマ」 〜人工ハリケーンである決定的な証拠〜NASA衛星写真が、次々に生ずるハリケーンが人工のものであることを証明ハリケーンホセがイルマの破壊の跡を通ってカテゴリー5に達するようにセットされると共にNASA の衛星写真からの新 ...

世界各国で目撃されている UFO(未確認飛行物体) Unidentified flying object10年前であればバカにされていたトンデモ話であるしかしながらここ数年の科学技術の発展により隠蔽する側と隠蔽を暴露する側との差が縮まってきたため様々な事実が明白になってきたとはいえ最近 ...

今回はNASAとブルービームプロジェクトの話だ下記のようなホログラフィック技術をブルービームプロジェクト(プロジェクト・ブルービーム)という9.11の航空機はこのブルービームプロジェクトが投影されたものだこれはエンターテインメントではない何の為の技術なのか見ていこ ...

コロンビア号空中分解事故コロンビア号空中分解事故は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛 ...

最近までアカデミズムは火星には酸素がほとんどないため、火星の極地にある極冠は二酸化炭素が冷えて固まった巨大なドライアイスだと断言していました。バイキング1号は着陸後に気象観測を始めました。最初の観測結果は、気圧7,65ミヘクトパスカルで、1日周期の変化はわず ...

この画像の元画像はコチラです。2016年5月にハッブル宇宙望遠鏡が撮影した火星です。Marsと検索すると普通はこんな画像が出てきます。だいぶ以前からNASAの隠蔽工作は疑われていました。今日は火星の色に関する空の話題からスタートしたいと思います。夕焼けの空はどうし ...

1966年11月6日、アメリカから打ち上げられた「ルナ・オービター2号」が撮影した月面の「静かの海」の1枚に、凹みを掘りながら突き進む巨大な物体が写っています。        ルナ・オービター5号撮影   写真 No.67-H-1135 ヴィッテロ中央峰の山腹斜面の2つの ...

米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が共同で開発した太陽観測衛星SOHOがとらえたものでそのサイズは太陽の大きさから換算すると木星と同じくらいらしいさっそく動画を見てみよう Jupiter Sized UFO Collides With The Sunimage credit:youtube拡大してみるとこ ...

↑このページのトップヘ